リノベーションで付けて良かった設備!?おすすめのリノベーションと住宅設備を徹底紹介!

このサイトではリノベーションで、付けて良かったものとして人気のおすすめの住宅設備を徹底紹介しています。
どのようなものを導入するのが良いのか迷う場合には、ぜひ参考にしてみてください。
大規模改修では、水回りの移動もすることができます。
せっかく改修するのならキッチンにもこだわるのが良いでしょう。
より使いやすく快適になることが期待できます。
安い大規模改修なら予算内でできることもあります。
費用を抑えたい場合には、数社の相見積もりで検討すると良いです。

リノベーションで付けて良かった設備!?おすすめのリノベーションと住宅設備を徹底紹介!

このサイトではリノベーションで、付けて良かったものとして人気のおすすめの住宅設備を徹底紹介しています。
どのようなものを導入するのが良いのか迷う場合には、ぜひ参考にしてみてください。
大規模改修では、水回りの移動もすることができます。
せっかく改修するのならキッチンにもこだわるのが良いでしょう。
より使いやすく快適になることが期待できます。
安い大規模改修なら予算内でできることもあります。
費用を抑えたい場合には、数社の相見積もりで検討すると良いです。

リノベーションは安い?コストを低く済ませるコツとは

コロナ禍でおうち時間が長くなり、家での住環境が重要だと実感された方も多いのではないでしょうか。
とは言っても、心地よい住まいを手に入れるために引っ越しは簡単にできるものではなく、一軒家であればリノベーションやリフォームがおすすめです。
リノベーションやリフォームは工夫次第で安い費用に抑えることができます。
そのコツをご紹介します。
実はリノベーションやリフォームには地域によって「補助金制度」があります。
対象の地域であれば、これを利用しない手はありません。
まずはインターネットでご自身がお住まいの地域で補助金制度がないかチェックしてみましょう。
基本的に対象となりやすいのは、介護やバリアフリーのためのリノベーション、耐震性を高めるための工事や、最近では在宅勤務やウイルス対策のための改修も対象になってきています。
また、その地域独特の補助金対象もあり、豪雪地帯であれば雪対策、観光地であれば景観対策が含まれる地域もあります。
制度を利用するためには事前申請となるため、まずリノベーションを検討している方はお住まいの地域で対象にならないかチェックしてみましょう。
ひょっとすると思っていた以上に費用を抑えることができるかもしれません。

リノベーション施工後の完了検査の重要性について

リノベーションをおこなった後に完了検査を実施します。
完了検査とはリフォームやリノベーション工事が完了した後に、施工業者の担当者の方と依頼主が一緒に工事内容を確認する作業になります。
これは計画通り、設計通りにリノベーション工事がされているのかや不具合がないのかなどチェックする大切な検査になります。
完成した仕上がりを確認するので表面だけのチェックになり、基盤や土台の確認はできないです。
クロスの部分にヨレやしわなどがなくきっちり貼られているのかや、ドアの開閉の方向が間違っていないか・スイッチやコンセントなどの確認などをおこなっていきます。
内装だけではなく、外壁の塗装のチェックなども実施していきます。
問題がなければ契約通りにリノベーションが完了したことを示す工事完了確認書にサインと捺印をおこないます。
万が一不具合が発見された場合には、工事完了確認書に署名・捺印をせず、修理が完了してから確認書を取り交わす必要があります。

リノベーションでは相談を活用して賢い選択をしよう

ここでは、リノベーションに関する相談について説明していきます。
家は人生で最も高価な買い物だと言われています。
多くの人が夢を家に持ち帰るために銀行の住宅ローンを使います。
住宅ローンの金利はプランによって異なり、同様のプランでも銀行によって金利や費用が異なることを知っているでしょうか。
それでは、家に最適なプランと銀行をどのように選択すればよいかも考えます。
ローンの不安や悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、金利の種類と銀行の選び方を説明し、最良の住宅ローンを選ぶお手伝いをします。
あなたが住宅ローンを取得することを決定したとき、何人かの人々は最初に銀行を探し始めます。
しかし銀行の住宅ローンの計画はたくさんあり、迷子になりやすく、担当者の勧め通りに住宅ローンを組むことができます。
また、銀行が注目している住宅ローンの金利タイプも異なります。
これを念頭に置いて、最良の住宅ローンを取得するために、銀行の前に「金利タイプ」を選択するオプションがあることがわかります。
また返済期間が長くなるため、住宅購入時期だけでなく将来のライフプランも考慮し、住宅ローンを組むことが重要です。
ローンや物件なども、リノベーションの場合は、相談が大切です。

リノベーションで後悔したことには何がある?

古い家をまるで新築のように綺麗にできると人気のリノベーションですが、住み始めてから後悔することも意外と多くあります。
リノベーションをして後から失敗したと感じたことをいくつか挙げると、まず個性的な内装や外観にして後悔したという事例があります。
こういう家に住みたいという理想を描いていて完成した時は大満足だったけれど、何年か経つと飽きてしまったり流行遅れになって恥ずかしく感じてしまうこともあるものです。
シンプルな外観や内装にしておけば良かったと思うこともあります。
また、設計する段階では気付かなかったことが気になることも多いです。
例えば冷蔵庫や棚の位置を使い勝手の良い場所に配置したつもりが、ドアの開閉がしにくかったといったことがあります。
片方だけしか開かない場合、開いた状態までシミュレーションしないと満足のいくものにはなりません。
それから構造上の問題で、思うようなリノベーションができなかったということもあります。

ライフスタイルに合わせたリノベーションの重要性

長年にわたって暮らしやすい住まいを手に入れるためには、購入後のメンテナンスやライフスタイルの変化にどう対応していくのか事前に検討することがポイントになりますが、リノベーションであれば注文住宅と同じように将来の暮らしやすさにも配慮した設計を行うことが可能になります。子供の成長に合わせて間取りを変更したい・高齢になっても不便なく暮らしたいなど、家づくりの要望を反映させるためには注文住宅という選択肢が理想となりますが、土地探しから始めると大変な手間がかかりますし、費用も高額になってしまいます。リノベーションでは、既存の建物に大がかりな工事を施すことで新築と同様かそれ以上の機能や仕様にすることが可能なので、メンテナンスがしやすくなることはもちろんライフスタイルの変化も見据えた設計を行うことができます。したがって長年にわたり家族と快適に過ごしていく上で、リノベーションは賢い選択肢の一つとなってきます。

リノベーションで着替えが出来る家に生まれ変わります

リノベーションをすることで、着替えが出来る住宅として生まれ変わることが出来ます。工事をして間取りを変えて、新たな家になるという意味ではありません。リノベーションすることによって、間取りを簡単に変えられる家に作り替えるという意味です。リノベーションをして間取りを変更するだけなら、再度変更したくなれば大掛かりな工事が再度必要になります。これでは簡単に間取りを変更することが出来るとは言えません。間取りをいつでも変えられる状態にすることで、まるで住宅が服を着替えるように間取りを変更することが可能になります。子供が小さいうちに採用したい間取りと、思春期を迎えた時期に向いているものは同じではありません。また、子供が独立した後で便利になる家も違います。それらのことを念頭に置いてリノベーションすることで、選べる間取りを複数もった住宅になります。家族構成や気分によっていつでも変更可能な家として生まれ変わります。

工務店にリノベーションを依頼するときの手順とは

住宅をリノベーションした場合には、専門の会社などがありますが実は工務店もその一翼を担っていると言っても良いかもしれません。リノベーション自体は、特定の会社だけしか行えないわけではなく、工務店は住宅建築会社等が行えるケースが多いです。他には設計会社等が率先して行っている例もありますので、いろいろな情報を集めておいた方が良いかもしれないです。この場合、過去にどのようなリノベーションをしたかはとても重要になるといっても言い過ぎではありません。過去の事例があれば、実際にどのような形で完成するかがわかるようになるからといえます。もし、自分たちが理想としているものがあれば、それを参考にしてみると良いかもしれません。理想としているものがあれば、その通りに納得できる形になるケースも少なくありません。 後は、どれぐらいの費用がかかるかなども重要になりますので次回見積もりを取っておくことが大事になりますので、気にしておくべきです。

狭い家もリノベーションで広く感じさせることができる

リノベーションは住宅の改修工事を指す言葉ですが、同様の意味を持つリフォームと比べると工事がより大がかりで、その住宅がこれまでは持っていなかったような価値を持たせるというニュアンスがあります。耐震性や防音性といった実体的な価値はもちろんのこと、今までは暮らしにくいと見なされていた家に快適性を加えるという意味もそこには込められています。 リノベーションが住宅に新たな価値を加える例のひとつとして挙げられるのが、狭小住宅に対する改修工事です。一般的な考え方にしたがえば、狭い家より広い家の方が部屋数をたくさん取れますし、空間もゆったりしているので暮らしやすいと言えます。しかし、狭くても必要な改修を施すことでその狭さを意識させないような空間づくりができれば、広い家にも劣らないほどの快適さを実現できます。 スキップフロアを設けて上下階をゆるやかにつなげる、天窓や吹き抜けで十分な採光を確保する、などは狭い家を広く感じさせるリノベーションの具体例です。そのほか、地下室を新たに作って文字通り延べ床面積を増やすといった方法もあります。

エクステリアのリノベーションは目的も内容も多様

住宅のリノベーションと言えば、一般的には間取りを変更したり、キッチンや浴室などに新しい設備を取り付けたりといった、住宅内部に関わる改修工事というイメージがあります。しかし、その住宅に快適性や利便性などの新たな価値を加えるというもともとの意味を考えれば、リノベーションの対象は住宅の内側のみにとどまるものではありません。外構部分すなわちエクステリアも、リノベーションによって価値を向上させることができます。 エクステリアとは住宅の外側及びその周辺部分を意味する言葉ですが、具体的には外壁・塀・門扉・庭の植栽などを指します。これらのいずれも住人の暮らしやすさに関連するものなので、必要に応じて改修することは価値を高めることにつながります。 具体的な工事内容は、外壁を塗り直したり塀に新しいデザインを取り入れたりといった美観に関わることから、目隠し用のルーバーを設置するなどの実用的なものまで千差万別です。庭にあずまややサンルームを設けたり、カーポートを設置したりするのも具体的な工事例となります。

著者:引地強

インテリア大好きな30代。リノベーションについて正しく役立つ情報を発信したいと思っています。

福岡のおすすめリノベーション